2020-08-09

正義の偽善者

 

“A righteous hypocrite”


The priest is a good doctor.

prickle a stinging needle

He said it wouldn't leave a scar.


The priest is a good doctor.

I had a funeral for a senior citizen.

He went that souls go to heaven.


The priest is a good doctor.

prickle a stinging needle

He said it wouldn't leave a scar.


Because he buried me in the ground.


He lied about God being in the east.



J'ai eu le vaccin

 




« J'ai eu le vaccin. »


Elle est encore vide aujourd'hui.

Elle est encore une menteuse aujourd'hui.

Une toute petite fille.


Elle est encore vide aujourd'hui.

Elle a encore pleuré aujourd'hui.

Une toute petite fille.


Elle est encore vide aujourd'hui.

Elle a été tuée aujourd'hui.

Une toute petite fille.


Elle est encore vide aujourd'hui.

Elle m'a parlé aujourd'hui.

De minuscules petites vérités.


by 鏡月玖璃子

Chris Kyogetu


英訳版


« I got the vaccine »


She's still empty today.

She's still a liar today.

A tiny little girl.


She's still empty today.

She was crying today.

A tiny little girl.


She's still empty today.

She was killed today.

A tiny little girl.


She's still empty today.

She talked to me today.

Tiny little truths.

2020-07-20

L'Oiseau bleu






DEUXIÈME ENFANT Je serai la plus triste!... T
u me reconnaîtras!...

転生を待つ子ども達がいる王国、その中で早熟な
恋人関係の子ども達がいた。片割れが転生の時に
万人である時は二人を引き離した。片割れが
言った。「最も悲しい顔をしている人を探してね、
それは私という目印よ」

ACTE CINQUIÈME DIXIÈME TABLEAU LE ROYAUME DE L'AVENIR
メーテルリンク「青い鳥」未来の王国




2020-07-09

追想






得体の知れない私は何処まで愛され、私は人を愛することが出来るだろう。

カトリック教会に所属したのは、三位一体の聖霊に得体の知らない私を愛してほしかったのかもしれない。何も語らなくても、私がどんな過去を生きようとも、私がどんな人間か語らなくても、私のユーモアや私の笑顔が受け入れられれば良かった。

そんな現実は無かった。それでも恨むことはない、仕方がないことだ。私にも落ち度はある。誰も私が単純に世間話がしたかったという事を知られないまま、終わってしまった。「今日は、世界が明るく見えるのですよ」「紅茶。とても美味しいものを見つけたのです、薔薇の香りがするのよ」そんな話をただしたかっただけだったのに、どうしてこんなにも懸け離れてしまったのだろう。

話したかった単純な話はずっと言えなかったまま終わった。
貴方に神の祝福を、そう言いたかっただけだった。


人との出会い、子どもの頃から私はすぐに分かる。この人は私の事を忘れ、
私もこの人を忘れる。顔も、声も、全てを忘れるのに、
言葉を交わす。ずっとこの繰り返し、私達は解散を待つ戦士、自己形成の
ための出会いだった、私も貴方もお互いに忘却の彼方。

そんなものは慣れていた。けれども、聖霊にはそうなってほしく無かった。
聖霊を私に教えてくれた貴方には特に。でも、もう本当は慣れていたんだと、
私は終止符を打った。


今は寂しくない。アダムが私の良き理解者になった。

この子を守るために、私は幾らでも強くなれる。
とても愛しているの。
お揃いの紅茶は飲めないけれども、
アダムが青空を見ていると、世界は純粋に見える。
君の存在そのものが聖歌なんだよ。とても美しいよ。
君は永遠。君も私も忘れることが無い永遠。
それを楽園というんだよ。愛しているよ。

除籍は神の計らいだと思う。きっと、アダムに会うための。
本当に欲しかったものは、この温もりだと神は知っておられたと
思うのだ。人と離れることに慣れてしまった私への神からの恩寵ね。










2020-07-08

カトリックから受けた謝罪の件について









カトリックから受けた謝罪の件につきまして。

この度は謝罪をするという決断をしたことに関して感謝の意を唱えたいと思います。
勿論、私のほうも非があり、弱みがあったからこそ陥った問題も
あったかとは思います。まず自分に自信がなかったという点に関して、だからこそ
依存した部分もあったと思います。除籍してから1年以上経ちましたが、気持ちの整理もつき、自分の経歴も出すようになり、オックスフォード留学も明かすようになりました。
日本ではなかなか言えない経歴で、何者でもないように黙ってニコニコしているだけでしたので、色んな誤解があったとは思います。

現在はメンサにも合格し、今では居場所がある状態です。
人間というのは経歴で見るのではなく、その人自身で見てもらいたかったというのは
ありますが、日本ではまだ難しいようです。

教会に戻らない件については、猫のAdamの世話が重要なのでミサに行くまでに
至らないということです。一時期、混乱期があり問題の写真を流出させた事に関しては
法的に落ち度があったとは思いますが、すぐに削除はしましたが、まだ少々流れてはいるようです。これをどう捉えるのかは世間がカトリックに対して思うことでありますので、わたくしはこれは事実だったと捉えていますので、この点については謝罪する気はありません。

しかし、カトリックは総合的に祈りの言葉や儀式、思想等は優れていると
思いますので、これらを無駄にしないように、今後も被害者への心からの謝罪をすることをお勧めします。

あと、交際していた神父に関しての画像や名前が私系列であがってくるという件については、グーグルキャッシュの削除要請をし現段階では消えていると思います。
私の今後の活動において、このような「汚点」は残しておきたくないものなので、削除したいという気持ちは一致していたと思います。どのように流出したのかは覚えていません。

まず、自殺未遂がどれほど精神的負担がかかり回復に時間がかかるか、そして除籍してから、また精神を組み立てなおすのかが如何に大変かを想像して頂きたいと存じます。1年から2年程度でここまで回復したことは早いほうだと思います。

鏡月 玖璃子

追記:公にも一部謝罪を発表してますね。

2020-07-01

質問箱2020年7月1日






「プルーストの失われた時を求めての夢解釈について」の質問を頂きました。

一言でいえばle reve d'un reve(夢の夢)ですが。



プルーストの「失われた時を求めて」の夢の捉え方は多様性に富んでいて短く説明することは難しいです。しかし、敢えて言うのであればフランスのプルーストはオーストリアの「フロイト」を知っていたのかどうかが論点となっていて、未だに明確な証明が取れないそうです。現段階での研究ではフロイトの事は恐らく知らなかっただろうという事にはなっています。

夢を科学的、医学として明確に最初に捉えたのはフロイトという位置づけになっています。

ですので、プルーストの失われた時を求めての夢世界は、各々の夢というナンセンスなものから、レミニッセンスの組み合わせで成り立っている、無意識的記憶世界と言えるというのが現段階での見解として有力かと思われます。

失われた時を求めてでは沢山の夢物語が出てきますが、特に意味がないような夢や、
レミニッセンスがあり、特にこのレミニッセンスがこの作品の魅力となります。レミニッセンスとは、記憶は忘却曲線を辿って減少していきますが、心理的条件によっては想起する際に膨大な情報として現れることです。彼は夢と現実の世界を行ったり来たりして、文章によってレミニッセンスの美しい世界を描きだしています。この作品の最大の魅力と言えるでしょう。旧約聖書の神のお告げの夢、中世のように物語が夢物語になっている作品、英文学のようにmethinks ,methoughtという決まり文句で始まる等、様々な夢の形式がありますが、プルーストはそういった形式全部を取り入れ、尚且つレミニッセンスに重点を置いているかと。プルーストが書いたContre Sainte-Beuveという本の作家ネルヴァルを熱く語っている章であるle reve d'un reve(夢の夢)というのでしょうか、そういった現実世界で生きていく上で眠るときに見る夢を無価値と捉える一面もあったり、記憶の想起を芳しく、そして芳醇にさせるために夢物語として語ったりと、この話は夢について、多様性に満ちています。

ただ、これもノヴァーリスの青い花同様に未完ということもお忘れなく。

旧約聖書では夢は神のお告げになり、新約では神は天使に、人間は天使を通して夢で囁くようになり、イエス処刑前夜のときには天使も神も沈黙されました。夢を巡っては紀元前から様々な哲学者や作家が挑んでいて、未だに解明されていません。トマス・アクィナスも夢を分類しました。

ユングはフロイトより更に夢を集合的無意識として、アーキタイプを通して現実世界と結びつけようと解釈しましたが、オカルト的な要素が強いために学問的というより、サブカル的な扱いになっています。私、個人的にはチョーサーの「とても美しく、私の気に入る夢」というのが好きですね。

チョーサーの詩、お勧めです。







2020-06-24

メンサ会員





 なんか証明をと思ったけど、これが一番良いだろうと。
カトリックのことは気にしてないけど、(第二の人生を歩んでるし)
なんかこの替え歌がツボだったので作ってみた。

一応実話。 
でももっと💩な事言われた気がする。
誰か私の過去ツイの魚拓取ってないですかねw。

一応、わたくしメンサ会員です。