2018-05-24

朗報⑤




画家の柿本セエカさん(Seheca Cachimoto)さんから
素敵な絵と感想を貰いました。
絵は勿論、出版したイコノグラフからイメージしてもらいました!




「ICON O GRAPH」を読んだ



僕の中で、「ICON O GRAPH」は終わり、そして、いままた始まっている。
自分が、この「装置」のどこから入り、どこから出たのか…まだ、はっきりとはしていない。

アレゴリーと象徴を帯びた大小様々のモチーフに誘われるように、僕はその世界に迷い込んだ。
すると、その機械仕掛けの舞台は、ゆっくりと回転を始め、僕はその刻々と変わるその美しく、

ときに儚い舞台を、僕の心の覗き穴から見つめるているほかなかった。



美しく構築された意表を突く「詩」が、人々の意識のプリズムによってわずかに屈折しながら、ある一筋の光を定められた方向へと伸ばしてゆく。




ストーリーは、時に隠蔽され、時に登場人物たちそれぞれの「思い」が弾け出すかのように、また、時に静謐な言葉で語られながら、夕方の空をどこからともなく急いで巣に向かい集まり来る鳥たちのようにわずかに収束するかと思ったとたん、また、未知の空へと拡散する。
繊細なディテールと極度に制御された情景描写のせいで、僕らはそれぞれの「思い」に寄り添いながら、その濃密で精緻な言葉の世界に浸出していく…


不思議な小説だ。




気まぐれに変化する文体や形式、そして不規則なシーン展開、唐突に見える聖書の引用、複雑に交錯し入れ替わる視点と人称…それは一見、バラバラで統一性に欠ける単なる断章のコラージュに見えて、しかし、この小説は散漫ではない。




それどころかむしろ、その言葉たちは、稠密ともいえる確固とした一個の巨大な構造体の歯車の群れであり、巨大な精密機械を大きくうねらせながら、

まるで入れ子の宝石箱を次々に開いてゆくように読む者を幻惑する


「ICON O GRAPH」


それは、それ自体がまるでまっしろな本の形を纏った天文時計のようであり、その中で物語は、現実世界にいる僕らに関係なく独自の時を刻んでいて、その扉を開けた者だけが機械仕掛けの大きな歯車に乗せられて運ばれてゆく仕組みなのだ。


「『ICON O GRAPH』体験」とも呼べる貴重な時間…その深い時の底に、ゆっくりと音もなく沈んでゆく「記憶」と「思考」が、画家としての僕のイマジネーションをどこまでも刺激して止まない



柿本セエカ(画家)














 書籍紹介と他の方の評価は
こちら→http://chriskyogetu.blogspot.jp/2016/07/icon-o-gprah.html



2018-04-26

Dekalog episode5





デカローグ エピソード5(ある殺人に関する物語)


 ――恩赦の請願は却下された
 ――誰が弁護しようとも、判決は決まっていた


 まるで晴れることがない天候を表すかのように、このドラマは緑色のフィルターを使って撮影している。監督キェシロフスキによると、不要なものを取り去るためにこのフィルターを使ったようだ。この不穏な天候に相応しい登場人物達が一人、また一人と集まってストーリーを紡いで死刑執行という秩序を完成させていく。その冷徹さが秀逸だった。まずは殺されることになる太ったタクシー運転手。妻がいながら若い女性に色目を使い、乗客を選んでしか乗せない。悪戯にブザーを鳴らして子犬を驚かせては嫌味を吐く。時々は犬に餌を与えるなど、善人な一面も見せるが鑑賞者は誰もこの嫌味な男に好意を抱かないだろう。

 次に、ヤツェック。まだ二十歳の若い青年は、着々と殺人までの準備をしている。彼は事故で妹を失っていて、それから変わってしまったようだ。彼は殺人に使う道具を購入するだけではなく、自分の末路を予見していたかのように、写真屋に妹の聖体拝領の写真の引き伸ばしを頼んだりする。やがて、無差別にタクシー運転手を長い時間をかけて殺害する。

そして主要な登場人物はもう一人いる。それは彼を担当した弁護士だ。

物語は彼の法制度への想いの語りから物語は始まる。
「司法機械とでも呼べる兄弟な法制度が犯す過ちについて考えはじめました。弁護士ならば、その過ちを矯正することが出来る、少なくとも矯正を試みることが出来る、これは立派な社会的機能の一つなのだ」と。







2018-04-23

Dekalog episode4








「デカローグ エピソード4」

普通われわれには、自分が恋をしているのだと認める様々な印がある。
マルセル・プルースト 「失われた時を求めて」




2018-04-20

Dekalog episode1








デカローグ エピソード1「運命に関する物語」



クシシュトフは神や魂を信じていない男だった。彼の妹は敬虔なカトリック信者で愛と神を信じていた。その兄妹の間で彼の息子、パヴェヴは育った。パヴェヴが「人は死んだらどうなるの?」とクシシュトフに尋ねると、彼は「その人がしてきたこと」「その人の周りの人にはその人の記憶が残る」と答えた。それに息子はこう返した。「人は思い出のために生きているの?」と。









2018-04-09

The Bowman





“その料理店では、客に出す料理の皿にはどれにも聖ジョージの御影が青く染めつけてあって、ラテン語で、「聖ジョージよ、イギリスに救いをさずけ給え」と書かれてあった”





 ドイツ軍に追い詰められたイギリス兵達が、聖ジョージにお祈りをすると灰色の人影が長い列を作り、ドイツ人達を弓矢で打っていくのである。人々は天使の軍、聖ジョージの助けだと確信した。これは、アーサー・マッケンの「弓兵」の小説だが、発表された当時は、実話だと勘違いされたのだとか。(モンスの天使事件)
隠れた名作。


霊的な話というのは数行の「説明」で面白さが伝わるものだ。




https://backpackerverse.com/the-angels-of-mons/




2018-03-28

EL SUR









「たとえ、予言する賜物を持ち、あらゆる神秘に通じていようとも、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも愛がなければ無に等しい」(コリント人への手紙13章2節)

この話にはこの聖書の引用がよく似合うと思った。





2018-03-26

出家とその弟子




お前のさびしさは対象によって癒されるさびしさだが 、私のさびしさはもう何物でも癒されないさびしさだ 。人間の運命としてのさびしさなのだ 。(中略)

さびしい時はさびしがるがいい 。運命がお前を育てているのだよ 。

親鸞 (出家とその弟子)より。