2015-11-16

memo2015/11/16





Die Liebende ( Rainer Maria Rilke ) 訳・Chris
Das ist mein Fenster. Ebenbin ich so sanft erwacht.
Ich dachte, ich würde schweben.
Bis wohin reicht mein Leben,und wo beginnt die Nacht?

これは私の窓、たった今、おもむろに目覚めたばかり。
私は宙に浮いているようですが、
私の人生は何処へと届き、
そして夜は何処から始まるのでしょう。

Ich könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;
(私の周りをぐるりと全てが 未だ私のような気がする)
durchsichtig wie eines Kristalles Tiefe, verdunkelt, stumm.
Ich könnte auch noch die Sterne fassen in mir, so groß
scheint mir mein Herz; so gerne ließ es ihn wieder los
den ich vielleicht zu lieben,vielleicht zu halten begann.
Fremd, wie niebeschrieben sieht mich mein Schicksal an.

(私の運命が私を見つめる) 

Was bin ich unter diese Unendlichkeit gelegt,
duftend wie eine Wiese, hin und her bewegt,
rufend zugleich und bange, daß einer den Ruf vernimmt,
und zum Untergange in einem Andern bestimmt.
(詩の翻訳は、私の癖が出てしまうので避けたいところで、
特に取り扱った部分だけ翻訳しました)


Analyse

Das ist mein Fenster「これは私の窓」という始まりは、自分の内部の目覚めと共に、意識出来ない外部への視線を感じさせ、それはEben bin ich so sanft erwacht.「たった今、おもむろに目覚めたばかり」と、ゆったりとした時間を感じさせます。

「窓」のような人間の生活と心に密接に関わっているものを使って、「Bis wohin reicht mein Leben」(私の人生は何処へと届き)と、到達しえない眼路の限界と、その限界を補うための詩情、「und wo beginnt die Nacht?」(そして夜は何処から始まるのだろう)と、混ざり合っていきます。
そしてすぐに「私」はIch könnte meinen, alleswäre noch Ich ringsum;(私の周りぐるりと全てが未だ私のような気がする) と、それによって内と外との境界線を失います。

私の窓、「 eben、たった今」この窓とは、この詩の中では外の世界と繋げる存在でもあり、隔たりにもなっている。恋する彼女は外の世界を通して彼への想いや気づきを「窓の外という客観性」として具象化しています。 けれどもこれは紛れもなく彼女の内省なのです。 客観性という証拠は、sieht mich mein Schicksal an.(私の運命が私を見つめる)と、窓の外からの視線を気にかけているところです。
 このように、内省とは別に彼女の存在は窓の「内」にあります。期待を抱こうが、不安を抱こうが目覚めた「今」とは、ただ自分が開かれた窓の内側にいることです。


―Eindruck―

「私」と、こ の相手との関係の詳細は分かりませんが、想う相手が心の中にいるという現象を忠実に具象化したように思います。想う相手が心の中に居るということは、佇立している静かな存在では無いからです。この詩は 「私」と、「想い人」二人の間に何らか しらの干渉者、管理者(例えば神)を置かずに、外の世界を窓だけで表現しているというのが私の分析です。文学者はこういった細かいところを見られながら、 宗教観等が分析され少しづつ脱がされていきます(もちろん、この詩だけで判断はされませんが)。  それでも文学者は作品と共に本当のところは分からない芸術品になることだと私は思います。 

私 にとって詩を読むということは、感情でただ共感するだけでは無く、どう自然を捉えていたのか、どう無を捉えていたのか、どう存在を捉えていたのか、 夜、 闇とは、光とは?どう捉えていたのかと、著者の価値観を捉えていきます。でもそれは深く考えるというより観るに近いことが理想です。
詩の読み方・・・・・・小学生の先生が教えたように調べたりもせずに感じること、自分の心に素直になること、詩の読み方は確かにそれに尽きます。それはでも今までの備えが生きることなのです。

聖書で言えば 十人の乙女なんか良い例ではないのでしょうか。(マタイ25章)  この灯りの意味を理解すれば分かることでしょう。そうでないと、この思慮浅い乙女に訪れた結末のように扉は開かないかもしれません。 

本来の現実とはこの詩が終わった余白へと向かうことでしょう。何も書かれていない余白世界、それは詩にとっては自分の心とは関係無く 存在している 現実世界なのではないのでしょうか。 美しい詩とは余白まで美しいものだと私は思います。 


****
最近、久しぶりに読んだリルケ詩 集(ドイツ語) が生きているように感じました。詩への理解は 人生経験にも左右されるので何らかしら私が分かるような経験をしたのかもしれません。「私は何を知ったのか」それを逆算するかのように探ってみようかと思 いました。 そこに知識だけではなくて愛等、感情的なものもあるのでしょう。

何に気づいたのか、一つは彼の詩はどことなく現象学的なのではないのかというところです。(全部ではありませんが)それで調べてみると、ハイデガーもリルケについては扱っていたようで、この感覚はどうも間違っては無かったようなのです。
特に感じさせたのはこの「Die Liebende」 です。(der neuen gedichte andere teilより)
(形象詩集にも同じタイトルがあります)
これは、ちょっと思ったことだったので扱いはmemoです。